JP-AZ

発展を続けるアゼルバイジャン共和国には、多くのビジネスチャンスがあります。
私達は、投資・事業進出等のビジネスチャンスを探求し活躍する、日本の個人・法人の方々のアゼルバイジャンでの活動を、全面的にサポートいたします。
 また、アゼルバイジャン共和国を拠点とした、旧ソ連圏・ヨーロッパ・中東の国々での活動の強力なサポートも致します。 

コンサルタント紹介

アゼルバイジャン代表

氏 名  ニザミ アブドライエフ(Nizami Ayyub Abdullayev)

住 所  Z. Bunyadov str 21A/ 84, Baku, Azerbaijan, AZ1108

E-Mail  nizami@jpaz.tokyo

電 話  00994-50-367-0059

日 本 代 表

氏 名  原田守康(Harada Moriyasu)

住 所  東京都江戸川区南篠崎町5丁目13番41-315号

E-Mail  harada@jpaz.tokyo

電 話  0081-08-3754-3388

JP-AZのあゆみ

2005年

JP-AZ創設
2002年以来行っていた、日本からアゼルバイジャンへの投資・貿易のコンサルタント
活動を本格的にはじめる

2006年

アゼルバイジャン共和国訪問 日・アゼル友好議員連盟訪問
アゼルバイジャン・国会議員と日本・衆議院議員が懇談 意見交換会を主催
日本製オイルスラッジ処理プラント完成レセプション出席

2007年

「バクー国際シンポジューム」日本団長として参加
日本企業3社が招聘を受け新技術紹介

2008年

SOCAR・パイプデヴィジョンとオイルスラッジ処理プラント販売契約

2011年

オイルスラッジ処理プラント完成

2013年

EKOLエンジニアリングサービスより大型オイルスラッジ処理プラント予備調査を受託。

2014年

アゼルバイジャン国有鉄道より、日本型高速鉄道(新幹線)建設参加企業調査を受託

2016年

トルコ共和国褐炭火力発電所視察
プラズマ社にて新規火力発電所建設について懇談

2018年

トルコ共和国高速道路総局より高速道路建設参加企業調査を受託

2019年

株式会社JPAZ東京を設立
食品ロス抑制厨房機器の販売を開始